ばんかずまのブログ

元独立リーガーの過去、現在、未来。

お金は「汚いもの」だという人へ

非常に疑問です。

よくいますよね。「お金は汚いものだ!」とか大成功している事業家や経営者に「絶対なにか汚いことやってる」とかいう人。

 

どうやって生きているのですか?と。

お金を1円たりとも使っていないなら上の発言をしていてもなんとも思わないですが、僕が知っている限り皆さん働いています。

   

働くと何が会社から渡されますか?

お金ですよね。

 

汚いもの貰ってうれしいんですか?

今すぐ辞めた方がいいんじゃないですか?

汚いものを貰うために働くのはストレスになりませんか?

お金を貰わないようにするために無償の活動に専念してはいかがでしょうか?

 

ちょっと極端な表現をしていますが、これに対して「お金が汚いもの」だと思っている方が読者にいれば是非意見をいただきたいです。

 

お金はあくまでも「価値の尺度を表すツール」です。

それが紙切れだろうがよくわからない銅の板だろうが電子データだろうが、全員が「お金」と認めたものがお金です。

 

それがなければ今の世界ではほとんどの人が生きていけません。なんでか?

何をするのにもお金と交換しなければいけないからです。

 

例えば飲料水。買う場所にもよりますが2リットルで100円ほど。

「水道水飲めばタダ」って言ってる人はいないでしょうが、水道料金支払っています。

 

何よりも食べる物に金がかかる。学校で習った「エンゲル係数」を覚えてらっしゃる方はどれぐらいいるでしょうか。

エンゲル係数をかなり雑に説明すると

「家計で使っているお金のうち食費の割合がどれぐらいか?」

です。

エンゲル係数 - Wikipe

https://nenji-toukei.com/n/kiji/10081/エンゲル係数

dia

上のデータによると、2017年のエンゲル係数が25%を上回っています。つまり消費した金額の4分の1は飲食物につかっているということです。

 

現代人の必須アイテムとなりつつある携帯電話。

これもどうやったって使用料0にはできません。

 

衣服。だれかから貰いますか?

 

書き出せばキリがないですが、お金は必要です。

汚いとか言っている人たちはあきらめてください。

 

それでも「お金が嫌い、汚い」というのであれば素っ裸で外で一人で暮らしてください。

 

「そんなことしなくても家族に養ってもらえる」とか「生活保護で生きていける」とかいう人がいたら聞きたい。「他人から汚いもの、嫌いなものを受け取り続けて生活している自分を許せますか?

   

仕事はやりがいも充実感も自己成長も大事です。これはもちろん大事です。

ですが、絶対に「やりがいあるので安くてもいい」とは言ってはいけないと思っています。労働者が会社に差し出しているのは「自分の時間=命の一部」です。

 

自分の命を削って労働をしているのに「サービス残業が当たり前」の文化っておかしいですよ。サービス残業はその時間の仕事に価値がないとも言い換えられます。

その時間は会社に対してなんの利益も出さないことをやっている、価値がないことをやっているとすれば誰になんのメリットがあるのですか。

 

会社の利益になるのであれば会社がきちんとそれに応じた報酬を支払わなければならないでしょう。

たかだか1時間あたり1.25倍になる人件費が払えないような企業経営の仕方に問題があるとは考えられませんか?

 

経営者からすれば「やりがい、充実感、自己成長」と聞こえのいいことばかり言ってついてくる労働者は扱いやすいでしょう。

だって適正なお金を支払わなくても働いてくれますから。

 

最近日本の技術者が外国の企業に引き抜かれているらしいですが、引き抜かれているのではありません。日本の企業が適正な報酬を準備していなかっただけです。

 

恩義や忠誠心だけで働く人は少数派です。

 

ただでさえ日本は人口減少で衰退していきます。有能な日本人はどんどん海外で生活するようになります。

このままでは日本がダメになります。

もうなってるかもしれないけど。

 

まずは自分の意見をしっかりと伝えるところから始めましょう。

「わがままでいろ」というわけではありませんので勘違いなさらないようお願いします。