ばんかずまのブログ

ジャンルは気まぐれですが為になることを書くように心がけています

日進西 14-6 名国際 観戦記&今日のイチオシ選手

日進西 083 000 3  14

名国際 000 042 0x  6  7回コールド

日進西 野田-家田

名国際 伊藤,三木,赤羽江,田中-五十嵐

 

日進西スタメン

2 家田

5 村瀬

4 奥野 イチオシ!

5 木納

6 鴫田

8 西

1 野田 イチオシ!

9 西田

7 坪井

 

名国際スタメン

2 五十嵐

7 安達 

8 田中 イチオシ!

5 谷川

3 土手

9 加藤

4 伊藤

1 伊藤

6 一口

 

 

試合の流れ

 

2回表、エラーとヒットが重なり日進西が一挙8得点。2アウトから2者連続のエラーがきっかけでそこから7点入っています。

3回表も2アウトからセンター前、ショート内野安打、四球、センターオーバー2ベースで3得点。

5回裏の名古屋国際。11-0となって2点以上取らなければ5回コールドになってしまう状態でした。ヒット4本と四球で4得点。

6回裏にも死球で出塁してから2連続2ベースで2点返します。11-6になり、残り3回でどうなるか面白くなってきたと思っていましたが、7回2者連続四球から3ランホームランで14-6。

その裏、先頭打者が2ベースを放つものの後が続かず無得点でゲームセット。

 

7回コールドで試合が終了しました。

 

所感

点差ほど実力差があったようには見えませんでしたが、これが高校野球の面白さ&怖さかなという印象です。高校野球を真剣に観戦したのは10年ぶりでした

「流れ」という表現がぴったりな試合展開。流れが良ければこれだけ簡単にヒットが出るのか、悪ければエラー、四死球、ヒットが繰り返されるかと。いろいろ考えさせられています。

 

 

今日のイチオシ!選手紹介

 

日進西

3番セカンド奥野くん


f:id:bankazu:20190329175902j:plain

左ピッチャーのスライダーに対して顔を起こされず、上半身が安定した良いスイングができていました。1打席目のファーストゴロも悪くない内容でしたし、2打席目はスライダーを芯でとらえてライトへ2ベース。3打席目もセンターオーバーと素晴らしい結果でした。この試合5打数2安打。3番を打っているのが納得です。

 

7番ピッチャー野田くん

身体はかなり細く、スピードも特段速いわけではないですが脚を上げたときのバランスが良いです。そこからリリースまでの動きは元中日のチェン・ウェインのように軽く投げているように見えて、思ったよりもスピンの効いたボールがミットに届いていました。

割と空振りも取れていました。7回投げて6三振。6回あたりから度々セットに入った時の骨盤の角度が変わって、変化球で肘の位置が下がってきたように見えたので、疲れてきたのではないかと想像しています。

体力がまだまだ伸びしろ充分だと思うので、是非適切なトレーニングと栄養、休養を継続してケガなく成長していってほしいと思います。

 

名国際

3番センター田中くん センター→ピッチャー

背番号1なので本来はエースで先発なのでしょう。今日はセンターでスタメンでした。試合スケジュールの関係なのか、なにか先発できない事情があったのか・・・わかりませんが投球時のパフォーマンスは確かに背番号1でした。

右足の着地が強く、観客席にまで音が聞こえていました。身体が大きいわけではないですが、全身を使い切って投げられています。聞いた話では、以前トルネード気味で投げていたそうです。そのころよりも筋出力が上がったのでトルネードは不要になった可能性があります。

スローカーブもそれなりにコントロールできていましたし、あとはスライダー系のボールを投げるときに腕の振りをストレートに近づけること。

ストレートもまだまだ速くなると思います。夏までまだ3か月強あります。

 

 

どちらのチームにも楽しみな選手がいました。

チェックしてみてくださいね。


この日2試合目の中京大中京と春日丘の試合は明日のブログで書いていく予定です。