ばんかずまのブログ

ジャンルは気まぐれですが為になることを書くように心がけています

パワプロのサクセス主人公が急成長できる理由を本気で考えてみた(前編)

こんばんは伴です。

野球好きもしくはゲーム好きなら一度はやったことがあるであろうゲーム

実況パワフルプロ野球 通称「パワプロ」。


f:id:bankazu:20190420213207j:image

既存のチームを使い対戦するのももちろん楽しいですが、何と言ってもこのゲームの醍醐味はサクセスでしょう。

サクセスは自分が主人公となり、ドラフトに指名されることでゲームクリアとなるモードです。

 

このゲームをしたことがある方はご存知でしょうが、初期能力はかなり弱いです。

FかGの能力値しかありません。

 

でもドラフトの時期になると、ほとんどの能力が超一流のクラスまで成長していることも珍しくありません。では何故そこまでの成長ができるのか?

 

「それはゲームだから」と言ってしまうのは簡単ですが、そこをあえて真剣に考えて実際の生活や仕事、スポーツ等の上達に生かしていこうというのが狙いです。

今回は箇条書きにしてある上半分の太字について説明していきます。

 

パワプロのサクセスで良い選手ができる時の特徴

 
  • ケガをしない(適切に休む)
  • やる気が高い状態でキープされている
  • 彼女がいる
  • チームメイトとの練習が捗る
  • チームメイトからコツを教わる
  • 所属している組織の特徴を生かしている
  • 監督、スカウトの評価を高める努力をしている
  • 試合で大活躍する
  • 練習、試合以外の環境でも充実している
  • 目的意識をもって考えて練習している
  • いつまでに何をやったら良いか計画し、それが実行できている
  • etc…

   

ざっくりと書いたところでもこれだけの理由が思い浮かびます。これを一つずつ解説していきます。

  • ケガをしない(適切に休む)

パワプロの場合、練習コマンドの上に故障率という数字があるのはご存知でしょう。どれだけケガをしやすいかを表しています。この数字が高い時は練習をせず、休んだり遊んだり、別のターン消費活動を選択しますよね。

現実でも疲れていて無理矢理練習しても大して得られるリターンはありません。むしろケガをして治るまでに1か月以上かかることも考えられます。そう考えると1日や2日休んで元気になるようだったらしっかりと休むべきです。

長い目で見た時はその方がプラスになる可能性が高いでしょう。

 

  • やる気が高い状態でキープされている
体力はあっても練習に対するやる気がなければ、同じ練習を行っていても得られるものの質や量は異なります。毎日を高いモチベーションで保ち続けることが重要です。
そのためには適切に遊び、野球以外の部分でも楽しむ事。メリハリをつけて活動することも必要です。
 
  • 彼女がいる

野球ゲームですが彼女がいる時の方がいい選手になりやすいですね。これは相手好かれるためには何が必要かを考え、それを実行して結果をだすという習慣がパワプロの主人公には備わっているので簡単に彼女が作れます。すぐ評価上がりますから。

とは言え、練習以外の時間でもそのスポーツに繋がるヒントが隠れていることはよくありますし、上のやる気向上を助ける一つの手段としては有効です。誰かに応援されている実感があれば頑張れますしね。

 

  • チームメイトとの練習が捗る

ゲームでは「スペシャルタッグ練習」などの名前があり、評価の高いチームメイトと特定の練習をすると大幅増の経験点を貰えるというものですが、これも現実的に十分あり得るものです。他者の得意な練習、技術を間近で見たり一緒にプレーすることで、一人でやるだけでは感じなかった気づきを得られたり、アドバイスを貰うことで問題点の修正が容易になるということが考えられます。

 

  • チームメイトからコツを教わる

よく特殊能力(最近では基礎能力も)のコツをチームメイトから伝授されることがあります。パワプロで言う特殊能力は技術面のものもありますが「考え方」で変わることがでいるものも多く存在します。

実際に良いプレーをしている選手の考え方や意識を知ることができれば、同じ練習でもリターンが大きくなります。

ただ、他人から何かを教わるためには相手との関係を良くしておく必要がありますし、相手の説明する力、自分の理解する力の両方が必要です。そのためにも語彙力、読解力などは必須です。「スポーツはバカでは上手くならない」と言われる所以はこういうところも影響していると考えています。

 

いかがでしょうか。意外と現実でも可能な要素がたくさんあったはずです。ゲームなのでかなり極端なことは否定しませんが、それでも現実の世界に生きている僕たちでも同じように短期間で成長するチャンスがあるとは思いませんか?
 
もしこのブログを読んで面白いなと思ったら拡散してくださると嬉しいです。
この文章の後編は明日、もう一つプラットフォームである「note」で書いていこうと思っています。
noteアカウント↓

https://note.mu/bk20impression

Twitter→

twitter.com