ばんかずまのブログ

ジャンルは気まぐれですが為になることを書くように心がけています

JR東海 3- 9トヨタ 観戦記&トヨタ栗林投手について

JR東海

000 021 000  3

160 020 00X  9

トヨタ

 

JR東海 スタメン

5 長曽我部

8 堀尾

6 竹村

3 池田

D 白川

4 村井

9 竹内

7 吉田侑

2 牛場

P 川本

継投

川本-若林-木部-小寺

 

 

トヨタ スタメン

9 辰巳

5 小河

3 沓掛

6 樺澤

D 多木

8 逢障

7 八木

2 細山田

4 北村

P 栗林

継投

栗林-小出-川尻-佐竹

 

試合の流れ

1回裏 先頭打者の四球からバントで2塁。4番樺澤が外のスライダーに合わせてセンター前ヒット。トヨタ先制。0-1

 

2回裏 2死1塁から2者連続四球。2死満塁でショートゴロの送球ミスで追加点。またも樺澤がセンターオーバーの3ベースでさらに3点。二番手若林も勢いに飲まれたか四死球と安打を許す。この回一挙6点。0-7 樺澤は2打席で4打点

 

5回表 8番吉田がエラーで出塁。9番牛場が初球のストレートを左中間にホームラン。2点返す。2-7

 

5回裏 2死2.3塁で2番小河が左中間へ3ベース。すぐさま突き放す。2-9 

 

6回表 この回からトヨタの投手は小出。死球とヒットで2死1.3塁。8番吉田がセンターへのヒットで1点返す。3-9

 

 

 

前回のトヨタ戦と同様、注目ルーキーの栗林投手が先発。

 

この試合の方が調子が良かったのではないでしょうか。

初回からカウント球でスライダー、カーブを使える状態で投球モーションに力みを感じなかったです。

 

初回にいきなり152㎞出ていましたが、前回よりもリラックスして投げているように感じました。ただ、2死ランナーなしで初球に152㎞を出していたので本人の中でも少しスピードを意識して投げていたと思います。1-1からの変化球を合わされてレフト前ヒットでした。

 

初球よりも追い込んでからのボールで狙って欲しかったな、というのが個人的感想です笑

 

2回から少し投球モーションのリズムが変わっており、若干投げ急ぎに見えました。そのせいなのか2死からストレートの四球、次打者の初球カーブも明らかにストライクを欲しがって緩く投げていました。

 

3回はキャッチャー細山田の判断なのか、ボールが続いてもスライダーを要求し続ける場面も。点差がかなり離れたイニングだったので、長いイニングを投げようと思ったらストレート以外のカウント球が必要です。

 

連続で投げさせることでフォームや指の感覚の修正を促していたのではないかと推測しています。

 

このあたりからスライダーの時に肘が下がり気味の投球がチラホラ。

 

高めのストレート要求の時の方が軸足に体重が乗っている時間が長く、上体のツッコミが少なかったのでボールに力が伝わっていたと思います。

低めを狙って浮いた球より、高めを狙って引っかけ気味に真ん中へ来たボールの方が良かった印象です。

 

5回のホームランの後、またさらにフォームを修正していったのでしょうか。左足を上げた時の上半身の角度に変化がありました。

メジャーリーグなどでは頻繁に見る「少しかぶせて」立つ意識を持って投げていたはずです。

 

普段は「脚から上半身まで真っすぐ」に立つタイプですが、疲れてくると上半身がかかとよりに傾いてしまいやすいのです。そうなると肩は開きやすく、抜け球が多くなってしまいます。

 

恐らくそれを防ぐために「かぶせる」意識を強めて立つようにしたのでしょう。

もしくは「腹筋使え」とコーチに言われたか・・・

 

現状、先発でもつのは5回(80球)が目安というところ。

この投球を見る限り、プロではリリーフ適正の方が強いでしょう。ドームとか涼しいところでは先発もいいかもしれません。

短いイニングをフルパワーで投げる方が向いていそうです。スライダー、フォークともにスピードも変化量もありますし、三振は取れると思います。

 

牽制やバント処理がうまく、元内野手というのもうなずけます。

ケガさえなく、トレーニングなどうまくいけば155㎞は出るようになっていると思います。