ばんかずまのブログ

ジャンルは気まぐれですが為になることを書くように心がけています

商売の基本とは

商売はどのようなものであれ

「売上-費用=利益」

が全てを表す。

 

商売で生き残るには売上を増やすか、費用を抑えるかのどちらかが必要になる。

 

サラリーマンは「自分の時間を売って、会社から報酬を得る商売をしている」という意識を持つこと。

 

商売で何か売ろうと思ったら「他よりも安く売る」か「誰も売っていないものを売る」を意識することになる。基本はこの2つ。だが、「高く売る分、そこに付加価値をさらに付けていくこと」という考え方も必要。

 

日本では100円で売られている飲み物が、とある国だと50円で販売されていることがよくある。

このように場所によって価格の差があるので、それを使って稼ぐことも商売の基本。

商社はこの価格差で儲けている。

 

無料のサービス、商品こそクオリティを求めて「これが無料なのか!」という消費者の驚きやインパクトを与えることが狙いである。

 

人々がモノを欲しがる理由は「他人と繋がるため」。

今では携帯電話やインターネットで他人と繋がることができる。

そのため商品が不要になりつつある。他人と繋がること、必要とされることで「幸せを感じる」傾向にある。

これからの時代で新しい稼ぐ商売をするには「個人同士を繋げる」ことをわすれてはいけない。

 

感情でモノやサービスを購入することが多々あるため、気分良く買い物をしてもらうことは大事。