ばんかずまのブログ

ジャンルは気まぐれですが為になることを書くように心がけています

サッカーやアメフト、やり投げで野球をうまくなろう

こんばんは伴です。

今日は野球に関わる話。

 

野球には様々な動きが求められます。

 

打つ

走る

投げる

捕る

見る

 

これらの動作を他のスポーツをやることで鍛えられないか考えてみました。

 

やはりいろんなスポーツをやることで得られるものはあると思います。

それではひとつずつ書いていきましょう。

 

打つ

 

テニス・・・動きながら正確に相手のコートに打ち返す

ゴルフ・・・止まっているボールを正確に打ち続けるためには再現性の高さ必要

 

走る

 

陸上短距離・・・やはり走りの専門家から学ぶのが一番

アメフト、ラグビー・・・細かなステップを踏めることで切り返しに役立つ

 

投げる

 

やり投げ・・・遠くに投げる専門家のトレーニング、技術は役立ちそう

アメフト・・・楕円形のボールを正確に投げるための身体の使い方を学ぶ

バドミントン・・・先端に適度に重さがあるものを振ることでアームスイングの改善

 

 

捕る

 

バレー・・・レシーブの動きで適度に低い姿勢を正確に素早くとる

アメフト・・・レシーバーの背走など外野守備に最適

サッカー・・・ヘディングを正確にするためには落下点に正確に入る必要がある

 

見る

 

バドミントン・・・明らかに野球より高速で動く

卓球・・・体感速度も速く、変化も大きい

ソフトボール・・・体感速度が速いのは有名な話

 

 

少し考えてみただけでもこれだけ出てきます。

 

野球のシーズンは3月から10月までのことが多いので、短くても4か月程度は試合がない期間です。

そんな中で、ひたすら基礎練習や筋トレだけではやる気も出しにくいでしょう。

オフシーズンには他のスポーツをうまく取り入れ、気分転換も含めたトレーニングも良いのではないでしょうか。

 

ちなみに、実際に高校時代やったことがあるのは体育館を使ってテニスボールでバスケをしました。(雨の日に一回だけですが)

 

今振り返ってもみんな楽しそうにプレーしていましたし、基本的に負けず嫌いの集まりなので真剣に走ったり投げたりします。

 

冬の練習、トレーニングの参考にいかがでしょうか?

 

/p>